ブログ


太陽光発電見守りサービス

太陽光発電見守りサービス

 

2009年から始まった太陽光発電の余剰電力買取制度ですが、11月から10年間の固定価格での買取が終了する「2019年問題」が始まろうとしています。

 

2019年度は関西電力で8.00円/kWhでの買い取りが発表されましたが、来年度以降の買取価格はまだ分かりません。

 

これからの太陽光発電は『余った電気を売る』のでは無く『貯めて使う』事が最も電気代を節約できる方法です。

家庭用蓄電池も金額が値下がりしていて、国や自治体の補助金も活用できますので今が導入のチャンスだと思います。

 

現在、太陽光発電パネルを設置している方なら蓄電池に余剰電力を貯めて発電しない夜の電力として使うことで電力会社からの購入を大幅に削減することができます。

 

当社では蓄電池導入を前に太陽光発電の点検をオススメしています。

赤外線カメラ付きドローンで点検することで外部からでは分からないパネルの破損や発電ロスを見つけることが可能です。

 

ソーラー赤外線

赤外線付きドローンでの点検

 

当社で蓄電池設置を行っていただいた方には無料での点検を行っております。

 

また点検のみのご依頼も受け付けておりますので、今後10年、20年と問題なく発電できるようドローンによる定期点検を行うことをオススメします。

 

『ご自宅のソーラーパネルを設置してから一度も点検していない』

『設置当初と比べ発電量が減ったと感じる』

など少しでも気になりましたらお気軽に当社の『太陽光発電見守りサービス』にお問い合わせください。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.