リフォーム・リノベーション・屋根・外壁メンテナンス

お問い合わせ電話番号 078-915-8161 【受付】9:00~18:00 【定休日】水曜日

ブログ


美しさを保ち続ける外壁・屋根塗料「超低汚染リファインSi-IR」

新築の頃のような美しさがずっと続く。まさに美壁革命

 

塗り替えた直後の美しさがずっと続く、

外壁・屋根塗料の決定版は

アステックペイント「超低汚染リファインSi-IR」です。

なぜ、いつまでも美しいのか。その秘密をこれから探っていきます。

 

超低汚染性の秘密①=ガラスのような緻密性 

 

 

 

 

ガラスのグラスを想像してみてください。ツルッとしたガラスには茶渋などが付きにくく、

汚れがついても、簡単に洗い流すことができます。

これは、ガラスの主成分が「無機成分」であり、表面がとても緻密な為です。

 

超低汚染リファインSi-IRは、「無機成分」を配合し、緻密で強靭な塗膜を形成するため、

粒子の細かい汚染物質もくっつきにいのです。

 

超低汚染性の秘密②=水となじんで汚れを落とす

 

無機成分が持つ極めて優れた親水性(水となじみやすい性質)により、塗膜に汚れがついても、塗膜と汚れの間に水が入り込み、汚れを洗い流します。

 

 

超低汚染リファインシリーズと他社塗料を塗った板を屋外に設置し、経過観察を行ったところ、結果は一目瞭然でした。

超低汚染リファインシリーズは、他社塗料と比較して美しさを維持しています!

 

超低汚染性の秘密③=防カビ・防藻性 

 

「JIS Z 2911 かび抵抗性試験」及び「藻抵抗性試験(アステック社内試験による)」に

合格しています。アレルギーの原因となるカビを抑制する健康にもやさしい塗料です。

 

 

超低汚染性の秘密を動画でも紹介しています。(動画を再生すると音が出ます。)

 

美壁の秘密①=紫外線に強い

 

緻密で強靭な塗膜は紫外線に対して優れた耐候性を発揮します。

 

また、劣化要因となる「ラジカル」を封じ込めるシールド層を持つ「高耐候型白色顔料」により、樹脂の破壊、塗膜の劣化を抑えます。

 

美壁の秘密②=柔軟性の高いしなやかな塗膜

 

柔軟性と強度を兼ね備えた塗膜で、表面にひび割れが起こりにくくします。

 

強靭性と柔軟性を併せ持つ「コア・シェル構造」の採用により、樹脂が破壊されにくく、劣化の進行をおさえます。

 

窯業サイディングの目地のシーリングのひび割れが特に気になるというお客様向けに、

高い弾性を実現した超低汚染リファイン弾性1000Si-IRという商品もございます。

 


優れた遮熱性により、「美壁」の生活をより豊かに。

 

超低汚染性リファインSIi-IRは、特殊遮熱無機顔料の使用により、温度上昇の原因となる「近赤外線」を効果的に反射する塗膜を形成します。

室内温度の上昇をおさえ、生活環境を快適なものにします。

 

画像は、屋根の上に温度計を設置し、遮熱性の比較実験を行ったものです。

 

(左の写真)

施工前、屋根の上の温度計は52.4℃を示しています。この日の外気温は33.3℃でした。

 

(右の写真)

施工して3週間たったものです。この日の外気温は38.7℃でした。

しかし屋根の上の温度計は34.9℃を示しており、外気温が高くなったにもかかわらず、屋根の表面温度は17.5℃低下しました。

 

 

美壁とともに遮熱効果もいつまでも。

 

一般的な塗料では経年とともに付着した汚れが熱を吸収するので、徐々に遮熱効果が低下します。

しかし超低汚染性リファインSi-IRなら、美しさがずっと続くために汚れによる熱の吸収を防ぎ、

一般の遮熱塗料よりも長く

遮熱性を発揮し続けます。

 

超低汚染性リファインSi-IRの性能実験の結果は、

アステックペイントホームページにて多数公開されています。

アステックペイント 超低汚染性リファインSi-IRホームページ

 


超低汚染性リファインSi-IRを塗るなら

「幹線道路が近くて、外壁が汚れやすい…」

「真っ白な壁なので汚れが目立つ…」

 

このようなお悩みをおもちのお客様にぴったりの

超低汚染性リファインSi-IR。

ワンエコではお客様のご希望やご予算、建物の状態などをしっかりと伺い、最適な塗り替えプランをご提案いたします。

 

「施工管理、職人の技術に自信アリ」の

ワンエココーポレーションまで、お気軽にお問い合わせください!

 

お問い合わせはこちら

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.