リフォーム・リノベーション・屋根工事・外壁塗装|明石市・神戸市・加古川市・兵庫県

お問い合わせ電話番号 078-915-8161 【受付】9:00~18:00 【休日】水・日

ブログ


外壁を塗り替える時期っていつ?

外壁の塗り替える時期はいつ頃か知っていますか??

 

「家を建ててから結構年数が経つし、そろそろかな?」

「まだ雨漏りしてないし、大丈夫でしょ!」と色々お考えがあることでしょう。

 

なので、今回は外壁の状態をご紹介!

外壁を塗り替える目安にしてくださいね♪

 

外壁の状態

 

①艶がある

 

「外壁に太陽が当たると、美しく発色している状態」です!

壁はピカピカで、紫外線・雨・風・温度変化に耐える力である『耐候性』は高いので、塗り替えは不要です。

 

 

 

②艶が落ちてくる

 

これは「新築時や塗装したての時のような艶やかさは無い状態」です。

太陽に当たった時のピカピカした感じは無くなりますが、『耐候性』も色の明るさも、気になるほど変わっていないので、まだ塗り替えしなくても大丈夫です!

 

 

③変色

 

「色味が変わり、くすんだ印象を受ける状態」です。

外装に埃や雨の痕が付いて汚れて見える、色が薄くなった気がする、と感じる方も多いかと思います。

「この状態に近いかも・・・」と思って気になる方は、外壁点検の依頼をしてもらうと良いと思いますよ!

 

 

④チョーキング

 

「外装を触ると、白い粉が手に付く状態」です!

道路のガードレールを触ったら、手が白くなった経験ありませんか?

あれが『チョーキング』です!

チョーキングは塗料の防水効果が切れてしまったサインです!

防水効果が切れてしまったまま放置すれば、雨はどんどん壁に滲みこんでしまうので危険です!

チョーキングが見られたら、外壁の塗り替えをおすすめします!


 

⑤ヒビ割れ

 

見たまんまですね!

ここまでくると、なんとなく危ない雰囲気が伝わってきますね!

外壁のヒビ割れたところに雨が入り、建物内部の構造部分にまで雨水が浸入していきます。

すると、「壁から雨漏りが!」なんてことも。

ヒビ割れを見つけたら、外壁の塗り替えをした方が良いですね!

 


 

 

⑥剥がれ

 

「塗装部分が剥がれ、下地が見えている状態」です!

これは、ヒビ割れ以上に危険です!!

塗装部分が剥がれてしまうと、外壁の素材は外部にさらされ、直接雨や風が当たり、急激に建物が劣化していきます。

もう、塗り替えでどうにか出来る状態ではなくなってしまった・・・ということもあります。

塗装が剥がれていましたら、すぐにワンエコにご連絡ください!


 

 

いかがでしたか??

「チョーキング」・「ヒビ割れ」・「剥がれ」の状態が見えたら、外壁の塗り替え時期です!

一度お家の外壁をチェックしてみてくださいね♪

 

 

外壁塗装のご相談はこちら

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.