リフォーム・リノベーション・屋根工事・外壁塗装|明石市・神戸市・加古川市・兵庫県

お問い合わせ電話番号 078-915-8161 【受付】9:00~18:00 【休日】水・日

ブログ


外壁塗装中は防犯対策を!

外壁塗装を行う際、家の周りに足場を組んだりシートを張ったりといった作業が必要になります。

その際に隙が出来てしまい、空き巣などの被害に遭うケースが少なくありません。

 

ではどのような対策をすればいいのか。

 

今回は外壁塗装中に被害に遭わないために知っておいていただきたいこと、やるべきことをまとめております。

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

外壁塗装中の起こりうる犯罪について

盗難

塗装中は複数の業者が家の敷地内に出入りします。その中に見知らぬ人がいたとしても気づきにくいため、そうした隙を狙われ、敷地内の物を狙われる可能性があります。

 

物を破壊する

同じく業者に紛れて敷地内の物を壊す犯罪も考えられます。物以外にも窓ガラスを割られたり、家自体に被害を与える場合もあります。

 

盗撮

窓や玄関にカメラを設置するなどして盗撮されるケースがあります。足場があるため、夜間に2階までのぼり窓付近に設置することもできてしまいます。また塗装中は窓を開けることもあまりないため、カメラに気づきにくいということも。

 

住居への侵入

一番多い犯罪が「空き巣」です。昼間、誰もいない時間帯に足場を使って窓から侵入したり、屋上やベランダに潜む場合もあります。塗装中ならば誰かが足場をのぼっていても不審に思われにくく、狙われやすいのです。

 

 

外壁塗装中の家が狙われやすい理由

通常の空き巣の場合、1階の窓や勝手口などから侵入することが多いのですが、外壁塗装中の場合、足場を組むことによって通常では考えにくい2階の窓などからも侵入が可能になってしまいます。

また足場の上からは作業中に塗料が飛散しないように養生シートを張り建物を覆います。このシートによって建物内に侵入しても外から見つかりにくいため、より狙われてしまいやすくなります。

 

そして人の出入りに紛れて侵入が容易なことも狙われやすい点です。

一般的な空き巣は人目がない隙を狙いますが、毎日複数人の業者が出入りしているとなると、家主も近所の人も警戒心が薄れ、侵入に気づかないということもあり得ます。

 

防犯対策としてやるべきこと

ここまで外壁塗装中の犯罪についてお話しました。それではこれらの犯罪を未然に防ぐためにやっておくべきことをまとめました。

 

①カーテンを閉める

②窓を施錠する

③部外者が足場の出入りをできないようにする

④業者を無闇に家に入れない

⑤防犯機器を設置する

⑥防犯意識が低い家だと思わせない

 

カーテンは外から覗かれないよう常に閉めておく意識をしましょう。窓は2階からの侵入の可能性も高いため常に施錠し、不安な場合は「ウインドウロック」というサッシなどに取り付けて窓が開かないように固定する器具の設置もおすすめです。

 

また侵入に使われやすい足場には、業者以外立ち入れないようにする方法として足場の入口の階段に扉をつけて鍵をかける方法があります。

 

足場の他の部分はシートに覆われているため簡単には侵入できません。この方法は、業者との相談が必要です。

費用がやや高くなるかもしれませんが、防犯対策を重視するならぜひ取り付けましょう。

 

また普段からの防犯としても玄関にセンサーやカメラなどの設置が対策として有効です。被害に遭った後の犯人の特定にも役立ちます。

 

これらの防犯対策以外に郵便物を溜めないようにするなど、外から防犯意識の低い家だと思わせないことも対策につながります。

 

被害に遭わないために、これから外壁塗装をご検討の方はぜひ対策も心がけましょう!

 

外壁塗装のご相談はこちらから

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.