ブログ


外壁塗装のリフォームには低汚染塗料がおすすめ!

外壁塗装のリフォームには低汚染塗料がおすすめ!

家を新築して数年は、特に外壁の汚れなど気にすることはないかもしれません。

汚れの蓄積も少なく、雨水などで汚れも流れ落ちてくれるからです。

それが5年、10年となってくると、外壁の塗装の効果も落ちてきてしまい、汚れが付くと掃除をしなくては、綺麗な状態を保つことはできなくなってきます。

そして、防水性などにも影響が出てくるため、外壁のリフォームが必要になってきます。

 

この外壁塗装を行うのに、一般的な色を付けるだけの塗装ではなく、機能性塗料を用いることで、快適な生活を送ることができるようになります。

 

今回は、低汚染塗料の一つであるアステックペイントジャパン社の超低汚染リファインシリーズの塗料をご紹介いたします。アステックペイント

 

そもそも低汚染塗料とはどのような塗料?

一般の塗料は、塗膜に隙間があり、緻密ではないことから隙間に汚れが入り込んでしまいます。

そのため、新たな塗装を行っても汚れが付きやすいのが問題でした。

この低汚染塗料は、この緻密性が非常に高く、無機成分が配合されていることから、隙間がなく汚れが付きにくいのが特徴です。

表面に着いた汚れは、表面に付着する程度ですので、雨が降れば塗膜と汚れの間に雨水が入り込むことで、剥がして落としてしまいます。

このように、塗膜に汚れが付きにくいという特性から、自然とクリーニングしてくれるのがこの塗料の特徴なのです。

 

汚れがつきにくいことから、塗膜の劣化を抑えることもできます。

また、無機成分が含まれていることから、紫外線による劣化も防ぐことができる長寿命の塗膜を形成することができる特徴もある塗料となっています。

 

超低汚染リファインシリーズを使う2つのメリット

リファインシリーズの塗料を利用する場合、次のようなメリットがあります。

 

1.外壁に雨すじが付かない

家を建て年数が経ってくると、外壁にも雨すじが見られるようになったりします。

これは、外壁についた汚れが雨水と混ざり、壁を伝って流れるなかですじになり痕を残してしまうからです。

これを繰り返すことで、この後は濃い色になってしまいます。

低汚染塗料を利用すると、汚れは表面に付着するだけですので、すじとして残らず洗い流してくれるのです。

 

2.遮熱性が高く室内温度の上昇を抑えることができる

リファインシリーズには、特殊な遮熱無機顔料を使用していることで、温度上昇の主な原因となる近赤外線を反射する働きがあります。

この結果、屋根材にリファインを使用する前と後では、表面温度で17.5度も違う実測結果があります。

このため、室内での温度上昇も抑えることができ、生活環境を快適にすることができるのです。

 

外壁塗装には二液性の低汚染塗料で快適リフォームしよう

今回ご紹介した低汚染塗料のリファインシリーズは、本当に汚れが付かない優れた機能性を持った塗料です。

汚れが付かず、綺麗なコーティングができるだけでなく、遮熱効果が高いことで、外壁材の寿命を延命するだけでなく、家屋そのものの温度上昇を抑えることができ、家屋の寿命も高くする効果がある優れた能力を持っています。

外壁リフォームの際は、是非このリファインシリーズによる塗装施工を検討してみてください。

 

美壁革命

建物の寿命を延ばすためには、定期的な点検を行い劣化や破損があれば早めに対処することが最も大切です。

明石・神戸で外壁や屋根塗装、屋根外装のリフォームをお考えの方は、ワンエココーポレーションにご相談下さい。

点検のみの依頼も喜んで承っております。メンテナンスや補修などもしっかりと行います。これまで多くの戸建て住宅やハイツ、マンションの外壁塗装・屋根工事・外装リフォームに対応してきた実績があり、技術力の高さには自信があります。

高耐久で高品質なリフォームを得意としており、明石・神戸へは最短1時間でお伺いいたしますので、エリア密着のリフォーム業者をお探しの方はお気軽にご依頼下さい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.