ブログ


ドローンはどんなことに利用出来る?

ドローンを使った色々な活用例

 

 

マスコミや物流など様々な分野で活躍し始めているドローン。最近では建築業界でも使われ始めているのですが、どのような用途に使われているのでしょうか。

 

当社のドローンの活用例について、お話しさせて頂きます。

 

住宅や建物の点検

住宅や建物の現地調査を行う際、高所の場合は梯子をかけて上がったり不可能な場合は高所作業車や足場設置をしたりする必要があります。そうなると足場費用や人件費などのコストが高くなってしまいます。

 

しかしドローンを使用すれば、安全でコストを抑えた点検が可能となります。

定期的な点検が行いやすくなるため、建物の異常の早期発見が出来、寿命を延ばすことにも貢献します。

 

リフォームのビフォーアフター記念撮影

屋根や外壁などの外装リフォームを行った際、施工前と後の写真や動画があると比較しやすくお客様の記念になります。

 

ドローンを使うことで、全体が見える位置まで引いての撮影や様々な角度から撮影することが可能となり、自由に記録を残すことが出来ます。

 

新築住宅の記念撮影

マイホームを新築したら、記念撮影をする方も少なくないでしょう。

ドローンでの空からの撮影は、なかなか出来るものではありません。

 

ドローンを使用すれば通常では見ることが出来ないアングルからの撮影が可能となるため、人生における最大の買い物に相応しい記念になります。

 

所有している不動産のPR動画

不動産情報は、文字や写真だけで伝えきれない部分が多々あるはずです。

ドローンを使って周辺の環境を一望出来る画像や動画があれば、より効果的に物件をアピールすることが出来ます。

 

また、新築マンションの竣工前であれば、部屋から望める景観をイメージするための撮影も可能となり、PR動画として利用することが可能です。

 

ドローンの進化はこれからますます進んでいきます。

屋根や外壁の測量や赤外線を使っての外観では分からない劣化診断など、建築業界でも欠かせないツールになっています。

 

 

ドローンによる現地調査を依頼しようとお考えの方は、明石市にあるワンエココーポレーションにおまかせ下さい。屋根の破損劣化点検はもちろん、新築・リフォームの記念空撮、ビフォーアフター撮影、町おこしのPR素材の撮影などを行っています。

これまで3階建てや2階建ての家に対して点検を行ってきた実績があり、ドローン屋根点検はすべて屋根の専門家と飛行許可取得者が行うため、安心しておまかせ頂けます。営業エリア内にお住まいの方は初回無料ですので、現地調査を依頼しようとお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。


 

ドローン点検・空撮のご依頼はこちら

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.