ブログ


防水リフォームにおいて大切な箇所とは?

防水リフォームにおいて大切な箇所とは?

防水リフォームをする必要性とは何でしょう、また防水リフォームをしない場合にはどういったリスクがあるのでしょうか?

 

防水材とは

普段、家の中に居れば外で雨が降っていても濡れることはありません。

 

それは屋根の防水材が機能し、家の中に雨水が侵入しないようにしているためです。

 

防水材が劣化すれば、雨から建物を守ることができなくなり、結果的に家の寿命を大幅に短くしてしまう恐れがあります。

 

雨水が家の中に侵入してくると、家の骨格でもある構造体に雨水が染み込み、腐食したり劣化したりしてしまうのです。

 

骨格部分にあたる構造体そのものが知らないうちに劣化し、そのダメージが大きくなればなるほど、補修することも難しくなります。

 

そもそも、構造体という家の内部については補修は可能でも交換ができない部分です。

 

構造体を交換するとなると、それは同時に家の建て替えを意味します。

 

それは話の規模も大きくなってしまいますので、そもそも構造体が雨水で浸食されないためにどのような箇所に気を配ればいいのでしょうか。

 

防水リフォームするべき箇所

先述の通り、雨水が浸食することで家の骨格部分が劣化してしまうので、そもそも雨水が家の中に侵入しないようにしておく必要があります。

 

よくある思い違いに「うちは雨漏りしていないから大丈夫」といった考え方を耳にすることがあります。

 

しかしそれは大きな誤りです。

 

雨漏りしているということは、雨水が屋根を通過し、家の構造体に到達した上で、その一部が部屋に漏れている状態ということです。

 

つまり、雨漏りが目視できる時点では構造体はとっくに雨水が到達している場合が多く、その時点では手遅れになっている場合もあります。

 

雨漏りしているかどうかに限らず、定期的な点検やメンテナンスをしておく必要があるということです。

 

点検が必要なタイミング

環境によって異なるため、一概に定義することはできませんが、防水リフォームを検討また点検してもらうタイミングのだいたいの目安は存在します。

 

アスファルト防水押えのコンクリート仕上げが最も耐用年数が長い屋根防水とされています。

 

このアスファルト防水押えのコンクリート仕上げであっても耐用年数は15年から…といったくらいです。

 

つまり他の防水材だった場合はそれより早く点検するべきタイミングが来ているということです。

 

もし、これまで一度も点検したことがないという場合はまずは防水材の点検をしてみて、劣化の具合を見ながらメンテナンスが必要かどうかを相談していく方法が最善といえます。

 

まとめ

雨漏りしてからでは遅すぎる、と言われても実際に屋根の防水材がどれくらい劣化しているのかを調べる手段はありません。

 

気付かないうちに雨水が侵入し、構造体に浸食していく前に、点検と必要なメンテナンスを行っていく必要があります。

 

そうすることが、結果的に家の寿命を保つことにもつながり、総合的なコストを抑えることにつながるのです。

 

 

塗装した住宅

 

建物の寿命を延ばすためには、定期的な点検を行い劣化や破損があれば早めに対処することが最も大切です。

明石・神戸で外壁や屋根塗装、外装のリフォームをお考えの方は、ワンエココーポレーションにご相談下さい。

点検のみの依頼も喜んで承っております。メンテナンスや補修などもしっかりと行います。これまで多くの戸建て住宅やハイツ、マンションの外壁塗装・屋根工事・外装リフォームに対応してきた実績があり、技術力の高さには自信があります。

高耐久で高品質なリフォームを得意としており、明石・神戸へは最短1時間でお伺いいたしますので、エリア密着のリフォーム業者をお探しの方はお気軽にご依頼下さい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.