ブログ


屋根や外壁のリフォームとドローンの密接な関係性

リフォームとドローンの密接な関係性

 

近年、話題となっている無人航空機・ドローン。

墜落事故や無許可飛行が問題になったりと、比較的簡単に手に入れることができるためにトラブルが相次いでいるドローンは、マイナスイメージを抱いている人も少なくありません。

しかしドローンは人が立ち入ることのできない場所や、本来ならヘリコプターやクレーンが必要となるような高所での作業など、正しく使うことでずっと便利に活躍できるものなのです。

それはリフォーム会社にとっても同じで、リフォームとドローンは実は密接な関係を持っています。

今回はリフォームの現場でドローンをどのように活用しているのか、紹介したいと思います。

 

MAVIC2 ENTERPRISE DUAL

 

★ドローンについて

話題になっているので、聞いたことはあるけど具体的にどんなものなのかよくわからない、という人もいると思います。

ドローンは無人航空機の名称で、遠隔で操作して飛行させることができるマシンのことをドローンと呼びます。

先日開催されたG20のような一般の人の立ち入りが制限されたエリアなどに、無許可でドローンを飛行させて写真撮影を試みた人たちが注意されるなどニュースになっていましたね。

許可を得ている場所、また許可が必要ない場所では問題なく使用することが可能ですので、使用前に確認する必要があります。

許可の有無の他に航空法、小型無人機等飛行禁止法などの法律についても理解しておく必要があります。

問題のない場所であることを確認していれば、人が立ち入ることが難しい狭所や高所、危険な場所などにカメラを搭載したドローンを飛ばして撮影したりすることができます。

これにより人が直接見に行くよりも安全でスピーディな撮影が可能となります。

 

ドローン

 

★リフォームとドローンの関係

紹介したように、ドローンは本来「人が立ち入れない場所に飛行させることができること」が最大の強みです。

リフォームにおいては、外壁や屋根などの劣化具合をドローンを使って安全に確認することができます。

外壁は隅々まで人の目で確認するには危険な箇所も多くあり、時間もかかります。

対するドローン作業であれば、映像として残すことができるため見落としも抑えられ、お客様と一緒に映像で確認しながら説明できます。

またモニターの映像を見ながら安全に作業できるため、ドローンを導入するリフォーム業者は増えています。

特に屋根については実際に確認するには屋根に登る必要があり、高所での危険な作業が必要不可欠でした。

そこでドローンを導入することで、屋根の上まで飛ばして撮影するだけの簡単作業で安全に確認することができるというわけです。

 

 

★まとめ

一見関係のなさそうなドローンとリフォームですが、外壁や屋根など人が見に行くには危険な箇所も簡単に安全に確認できるメリットがあります。

そのため多くのリフォーム業者が取り入れています。

スピーディに確認出来て、安全な場所から操作するだけ、映像化することでお客様とも直接一緒に確認できるなど多くのメリットからドローンは今後も活躍していくことでしょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.