兵庫県の屋根・外壁・外装リフォームはおまかせ下さい

お問い合わせ電話番号はこちら 078-915-8161 【受付】9:00~18:00【休日】水・日

ブログ


外壁塗装はなぜ必要か?

どんな物でも経年によって劣化するのは当然のこと。家はどうでしょうか。車のように10年ほどで買い替えるなんてことはまず考えられないでしょう。多くの方は一度建てたら数十年暮らす想定で家を建てるのではないでしょうか。

そんな“一生もの”であればこそ、当然ながらメンテナンスが必要になってきます。

とはいえ、具体的にどのタイミングで何をしたらよいか、事前に計画を立てるのは難しいものです。

そこでまず考えていただきたいのが、外壁の塗り替えの必要性です。

 

外壁の塗り替え

 

外壁塗装の重要な役割

外壁の塗り替えというと、汚れや劣化が目立ってきたために外観をきれいにする目的の作業だと思われていませんか?そうであれば、気になるときに余裕があればやればいい、という感覚になりますよね。

ですが、実は外壁塗装には“家を守る”という重要な役割を担っています。

家は常に紫外線や雨に晒されており、これらは建物を劣化させる原因となります。外壁塗装を施すことで表面に塗膜ができ、外の環境から建物を守っているのです。

 

雨漏り

 

特に重要な防水機能

家づくりに使われる木材や鉄筋は水に濡れ続けることで腐食やサビなどが発生し、特に劣化を早めます。世界的に見ても雨や湿気が多い日本では、いかに防水機能を保てるかで家の寿命が大きく変わると言えるでしょう。そして防水機能を保つためにはやはり、外壁に塗装をし、防水機能が発揮する状態の塗膜を維持することが最も重要なのです。

 

塗膜が劣化したらどうなるの?

外壁塗装は一度塗れば永久に家を守ってくれるわけではありません。雨や紫外線から守る塗膜も徐々に劣化していきます。その塗膜を定期的にメンテナンスすることで、建物を長く守ることが出来るのです。

塗膜の劣化を放置してしまうことは建物自体の劣化を早め、最悪の場合、建物内に水が侵入したり、基礎の部分にも影響を及ぼしてしまうことになってしまいます。

 

外壁の劣化

 

塗膜が劣化すると起こること

①艶がなくなる

②変色してくる

③外壁の表面を触ると白い粉が付く(チョーキング現象)

④藻・苔が発生してくる

⑤ひび割れが発生する

⑥塗膜が剥がれる、膨れる

⑤や⑥まで放置してしまうと、塗膜の役割が機能していない状態です。出来るだけ早い段階で塗り替えができるように、10年を目安に定期的にチェックしましょう。

 

塗膜の劣化を放置し続けた場合に発生する工事

・雨漏り工事

・屋根葺き替え工事

・断熱材補修工事

・シロアリ駆除工事

・新築工事

どれも大掛かりな工事となってしまい、費用も高額です。約10年毎の定期的な外壁のメンテナンスを行えば、総コストは結果的に抑えられることでしょう。

 

最後に

ここまで外壁塗装はなぜ必要なのか、その重要性についてもご説明しました。外壁の塗り替えは、建物の寿命を延ばすために必要不可欠であることをお分かりいただけたかと思います。ご自宅の状態が気になられた方は、セルフチェックをしてみるか、そろそろ年数的に気になる…という方はプロの目で調査に伺いますので、ぜひワンエコにご相談ください!

 

▼お見積り無料◎ どんな些細なことでも構いません、お気軽にお問い合わせください!

【電話】078-915-8161(担当直通:090-9698-9067)

【受付時間】9:00~18:00 / 水・日定休(事前予約頂けますと、休日対応可能です)

【対応エリア】 明石市、神戸市、加古川市を中心に兵庫県内

 

 

外壁塗装のご相談はこちらから



ゼヒトモ内でのプロフィール: ワンエココーポレーション合同会社
ゼヒトモの外壁塗装サービス仕事をお願いしたい依頼者と様々な「プロ」をつなぐサービス

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 ワンエココーポレーション合同会社. All rights Reserved.